【恐怖体験シリーズ】私がスイスで変なおじさんに追いかけられた話 その1

恐怖体験シリーズ

恐怖体験シリーズとは、海外旅行中に起こった恐怖体験を紹介するコーナーです(まんまやん)。基本的に浮かれている時や警戒心が切れた時にやって来ます。皆さんが海外へ行かれる際にこんなことが起こってもおかしくないぞとお守り代わりに読んでいってください。海外旅行はあんまり行かないけど何故かこのブログに来ちゃったあなたは何かのご縁と思って暇つぶしに読んでいって下さいな。




変なおじさんに出会う町 ベルン

私が変なおじさんと出会うのはスイスの首都ベルンです。Wikipediaの画像が本当に美しいですね~←

ちなみにあっさり書きましたが、ベルンはスイスの首都です。チューリッヒやジュネーブではありません。

山々に囲まれ湖もきれいで程よく電車も通って都会っぽい。ベルンってなんて素敵な場所だろう、とこの時は思いました。

ちなみに今回スイスへは一人旅に来ており、5日間かけてスイスの主要都市を電車で巡る旅をしていました。

電車旅良いよね、一人旅だけど、スイスだし治安良いから大丈夫っしょ。物価は高いけど。というような調子で。

この日はスイスのお隣リヒテンシュタイン公国→ベルンへ移動。到着したのは2日目の15時頃でした。

ホテルのチェックインを済ませた後、私は近場で観光することにしました。

ツィットグロッゲ(Zytgrogge)周辺で変なおじさんと出会った

市内観光の一つに「ツィットグロッゲ(Zytgrogge)」という大きな時計台があります。おとぎ話に出てきそうな時計台でまっすぐ伸びた石畳の道がとても美しい撮影スポットになっています。その道の両脇には等間隔でお店が立ち並んでおりヨーロッパらしい町並みを感じさせます。

とっても絵になりますね。今のところは。

そして、ここで私は出会いました。

変なおじさんに・・・。

その2へ続く。

コメント

タイトルとURLをコピーしました