【徹底比較】海外旅行はレンタルWiFiと現地SIMのメリットデメリット

わたしの旅行術

今回は海外旅行で携帯を利用する際に、レンタルWiFi vs 現地SIM どちらの利用がおすすめか比較してみました!




WiFiをレンタルする

メリット

初心者でも使いやすい!

これは会社によって異なりますが私がレンタルしたグローバルWi-Fiでは、ルーターの中央がタッチ式の液晶画面になっておりそこで1日に使用したギガ数が表示されます。

また、レンタル会社が日本なので申込や利用する際には日本語対応になっているので初心者の方はかなり安心して使用できます。

Chanco
Chanco

一目で使用したギガ数が分かるので、
「あと少し使用を控えよう」とか「沢山残っているから使っちゃおう!」など支払った分だけめいっぱい使う事が出来ていいですね!

空港または自宅での引取り返却が可能

レンタルWiFiでは、空港または自宅での引取り返却が可能です。

私がレンタル WiFi を利用した時、日本からの出発便が早かったので空港ではなく自宅へ届けてもらいました。

Chanco
Chanco

当日は何かと忙しいので空港での手続きが不要なのは
本当に助かりました!

デメリット

荷物が増える

レンタル WiFi は機器が重たいので荷物になってしまいます。

レンタル会社にもよって異なりますが大体80g前後が多いです。(地味に重かったりする…)

旅行となるとどうしても街歩き等が多くなってしまいがち。。なので WiFi だけで荷物になってしまうのはちょっと勿体無いですよね…(^^;)

Chanco
Chanco

私は極力荷物控えたいマンなので現地SIMという存在を知ってからレンタル WiFi は利用しなくなってしまいました。。ありがとう…レンタル WiFi …。

現地SIMを購入

メリット

荷物が少なく済む

こちらが一番の理由ではないでしょうか。SIMを利用するメリットは WiFi と違って荷物が増えないのでとても楽ちんです。

私は旅行先では極力荷物を最小限にしたいので断然現地simを利用しています。またSIMの差し替えも思っているほど難しくありません。

現地で購入もできますが、時間が無かったり英語が不安だ~と感じる方は日本で購入するのをおすすめします。

値段が安い

WiFi を借りるよりもSIMを購入した方が安い場合が多いです。

例えば、この間イギリスへ旅行ではSIMを利用しましたが1週間で1,740円とかなりお安く抑える事が出来ました。同じ期間で WiFi レンタルも検討しましたが、調べてみると安くても2000円以上かかってしまいます。

値段だけでみるとさほど変わりませんが、少しでも安くしたい方や荷物を増やしたくないという方はSIMをお勧めします。

Chanco
Chanco

軽い・安い・便利…最強か?

そして、この間イギリスへ行ったときはAmazonで 「Three」というSIMを購入しました!

現地で購入する時間も考えると、お手軽にお安く準備できたなと感じました。 私の場合は、日本出国時に機内モードに設定しておいて、イギリスへ入国後ホテルでsimを差し替えました。(空港などでもよいと思います)

Threeデータ通信専用プリペイドSIM【3GBタイプ】【最大90日間有効】

デメリット

SIMフリー携帯を持っている必要がある

SIMを利用する場合は、SIMフリー携帯をもっていないと利用できない場合があります。(ただし例外を除く)

わざわざこのために携帯を買い替えるのは勿体無いので、この場合はレンタル WiFi もしくはローミングサービスを利用されてはいかがでしょうか。

まとめ

レンタル WiFi vs 現地SIM ということで比較をしてきましたが、これまでの内容を簡単にまとめると、このような結果になりました!

レンタル WiFi :使いやすく、初心者向き。SIMフリー携帯ではない方

現地SIM:SIMフリーの携帯を持っている方、荷物を減らしたい方

どちらも良さがあるので自分に合ったものを選ぶことが一番良いと思います。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました